家族葬や法要の会食にも最適!?高級弁当の基本情報を分かりやすくご紹介

高級弁当は、一般的には3,000円前後からの価格帯の仕出し弁当の総称です。
1食3,000円となるとサラリーマンのランチで食べるにはあまりも高額ですが、5,000~6,000円の鰻重を食べることを考えると割安感がありますし、有名な料理店の高級弁当なら老舗の味を楽しめるいろいろなおかずが付いているので目で見ても楽しめる魅力があります。
法要や会社の中での会食などで利用することができるのも高級弁当のメリット、家族葬などのときの会食にも重宝するため人気を集めています。

一般的な宅配弁当との違いは?高級弁当は仕出し弁当に分類されるもの

高級弁当は仕出し弁当に含まれるもので、高級食材を使っているなどの理由から一般的なお弁当とは区別されています。
一般的な宅配弁当とはどのような違いがあるのか、これは明確な定義があるわけではないのですが有名店の料理人が自ら考案した創作料理を中心にしているもので、仕出しに分類されることから注文を受けてから作るといった特徴を持ちます。
宅配弁当の場合は、事前にその日に売れると思われる数を作っておく、注文を受けるとそれを届けるスタイルですが、高級弁当は事前の予約でその時間に合わせて調理されるなどの特徴があるといいます。
なお、このようなメニューを利用するシーンというのは冠婚葬祭や宴会・会食・重要な会議・接待などのケースが多いかと思われますが、注文を受けてから作り出前を行うものは全てが仕出し弁当であること、そしてその中でも高級や豪華といったイメージを持たせているのが高級弁当です。
ちなみに、弁当の名は古くから存在していますが、この名称の名づけ親は尾張出身の武将・織田信長といわれています。

高級弁当は昼夜やシーンを問わずに利用できる

高級弁当は様々な旬の食材をふんだんに取り入れ、どのような場所で食べても美味しく感じられるものであることが少なくありません。
また見た目にも食欲をそそるものとなっており、昼夜やシーンを問わずに利用できるものとなっているのが特徴です。
一般的な弁当の場合には季節に合わせて様々な食材を限定したり、またその雰囲気の中で食欲をそそるような要素が含まれていることが多いものです。
価格を低く下げるために様々な工夫を凝らし、効果的な演出をしていることも多いものですが、根本的にはその価格に見合った材料となっていることから、状況にそぐわないと感じることも少なくありません。
これに対し高級弁当は様々な食材を吟味しこれを利用しているため、いつでも安定したおいしさを保つことができるものとなっていることが特徴です。
様々なタイミングで弁当を依頼する場合に、その状況に適しているか迷うことが多いものです。
そのような場合には高級弁当を選ぶとほぼ間違いがなく、喜ばれるものとなります。

高級弁当は注文を受けてから作る仕出し弁当の中でも豪華メニューのお弁当

高級弁当はいつでも美味しく食べることができるよう、注文を受けてから作る仕組みとなっています。
これはその日の旬の食材を効果的に取り入れることでその特徴を表現するものとなっており、豪華メニューの仕出し弁当と言う印象を持つことが少なくありません。
様々な旬の食材を楽しみたいと言う場合には、最も適した調理方法であることが重要な要素です。
その日の天候や環境によってもその条件が変化するため、豪華な食材を利用してもこれが十分に考慮されていないと最大限のおいしさを引き出すことができないものです。
これらを意識し、注文の受けたときの条件で調理方法を判断した上で、その時期に最適な材料を使用することが高級弁当の醍醐味となっています。
高級弁当と聞くと、割高な材料をふんだんに用いて、豪華な雰囲気を演出するものと言う印象を持つことが少なくありません。
しかし実際はそれだけではなく、最も良い状態で顧客に提供するために様々な工夫がなされていることが多いものです。

接待や重役会議・冠婚葬祭・親戚や親族の集まりなど高級弁当の利用シーンはさまざま

高級弁当は仕出し弁当の中でも厳選した高級食材を使い、有名店の料理人が創り出した創作料理です。
仕出し弁当は、注文を受けて作るといった特徴があり、宅配弁当とは一線を置いている位置づけです。
番組制作の中で提供されるロケ弁は、宅配によるお弁当で芸能人が食事で利用するといっても番組スタッフも同じものを食べることからそれほど豪華なものではありません。
ただ、撮影の合間に時間が空いている人が利用することからも、早く食べることができるお弁当が重宝しているといいます。
高級弁当の場合は、家族葬などの葬儀のときに弔問客にふるまう食事として利用したり、重役会議のときに提供されたりロケ弁とは違った利用シーンで提供されるケースが多いものです。
一般的に、重役会議や接待などで活用する高級弁当はお昼時の食事で提供されることが多いのですが、昼夜関係なく利用できるのも高級弁当の特徴の一つ、通夜振る舞いなどでこのような食事が提供されることもあるので、昼夜いつでも使うことができます。

抑えておきたい高級弁当の定義①:見た目の美しさ

法事のときはもちろん、接待やビジネスシーンの中でのおもてなしに高級弁当が最適です。ここでは高級弁当の定義についてご紹介しますが、美しい盛り付けと厳選した豪華な食材で彩られた高級弁当は、ゲストに対して特別感を提供できる魅力もあります。一般的な仕出し弁当や宅配弁当と比べると価格が高くて素材も良いものを使っている、このような違いがありますが高級弁当の中でも重要視される要素は見た目の美しさで、高級感を与える器を使っていることや盛り付けがきれいに行われていること、食材の色彩なども考えられているなどの特徴を持ちます。鮮やかな色合いの野菜、高級な肉や海鮮食材などがバランスよく盛り付けてあるお弁当は、蓋を開けた瞬間から一目で贅沢さや高級感を与えてくれることでしょう。さらに、食材の形やデザインなどにもこだわっているなど見た目を重視していることが分かります。初めて食べるときなどは、蓋を開けた瞬間インスタ映えするといったことから手持ちのスマートフォンで撮影したくなるほどの美しさといえましょう。

抑えておきたい高級弁当の定義②:上質な高級食材の使用

高級弁当の魅力的なアピールポイントには、豪華な食材のメニューを楽しむことができる見た目がきれいなので写真映えする、ゲストに対して特別感を与えられるのでおもてなしの心を伝えることができるなどが挙げられます。また、高級弁当は国内の中でも有名店や老舗料亭などが提供していることが多く、普段このようなお店に行く機会がない人でも、高級弁当を頼めば手軽に贅沢な食事を楽しめるメリットもあるのではないでしょうか。高級弁当の定義にはいろいろなものがありますが、上質な高級食材を使っている点も定義の一つになって来ます。高級仕出し弁当は、上質な食材を使っているわけですが新鮮な魚介類や高級なお肉、提携農家から取り寄せている旬の野菜など、最高品質ともいえる食材を厳選しているのも特徴の一つです。こだわり抜いた食材は味わいが深くてそれを食べる人に贅沢な時間を提供する、食材の産地およびブランドなどにもこだわっていることからより一層高級感を引き立てます。

抑えておきたい高級弁当の定義③:職人の繊細な調理技術

高級仕出し弁当と呼ばれることもある高級弁当は、接待や法要などさまざまおもてなしのシーンで最適なお弁当です。値段は2,500円以上のものが多いけれども、3,000円以上になると食材を詰めている容器にもこだわりがあり、高級感を持つ見た目のお弁当を提供してくれます。高級弁当は、見た目の美しさや厳選した上質な食材の使用などの定義がありますが、定義はこの2つだけでなく繊細な調理技術も含まれます。料理人の技術力は見た目の美しさにも直結する要素のなるわけですが、この技術は食材の旨味を最大限に引き出すための料理法にこだわる、火加減についても経験から得た火力にこだわる、そして丁寧に仕上げるなどの特徴があります。このようなこだわりにより、素材の風味を損なうことなく食材本来の味を存分に楽しめる料理を作り出しています。調理工程は一切省略しないことはもちろん、一つ一つ丁寧に料理作りが行われていることから贅沢な味わいと高級感ある食事を楽しめます。

高級弁当の仕切りに活用されることが多い植物の葉

市販のお弁当を購入するとき、蓋が透明になっていて中身が見えるのでそれを見て好きなものを買うことができます。このとき、おかずの間に緑色の仕切りが入っていることが多いですが、これはバランと呼ばれるものです。バランは家庭のお弁当作りでも活躍する仕切りですが、高級弁当では見かけることは殆どありません。この仕切りは現代ではプラスチック製になりますが、高級弁当などでは葉蘭の葉を利用していることが多く、これは植物の一つです。この植物はユリ科の多年草ですが、多年草は植えたままで勝手に何度も芽を出すなどの特徴を持ちます。1年を通じて葉がついていること、一カ所に固まった状態で大きな葉を伸ばすなどの特徴があります。大きな葉なので使いにくいイメージですが、日本料理では器としてお刺身や鮨などを盛り付けたり、包丁で飾り切りをして絵や模様を作る(これは葉蘭切りと呼びます)、お弁当や鮨の仕切りの代わりに使うなどがあり自然の葉を使う和食の中での伝統的な技です。

高級弁当なら有名店の味を気軽に楽しむことができる

弁当は外で食事をするときなどに便利な存在ですが、高級弁当を購入すると有名店の味を気軽に堪能することができます。高級弁当は通常の弁当よりも価格が高い特徴がありますが、実際の有名な飲食店などが監修していることもありますから、購入をして食べる価値があるはずです。商品の紹介などでどの有名な飲食店が関わっている弁当なのかを簡単に知ることができますから、各自が食べてみたいお店の商品を選んで購入をすると安心できます。 人気の商品になるとすぐに売り切れてしまうこともありますから、早めに購入をするのが大切になるはずです。素材などにこだわっている商品を購入することで、本格的な料理を堪能することができますから、購入をするときは素材などにも注目をするのが重要になります。有名店の高級弁当は冷めても美味しく食べられるケースが多いので、温めなくても問題なく味わうことができるはずです。値段は商品によっても違いがありますが、値段以上の価値はあると考えられます。

会議弁当 東京に関する情報サイト
高級弁当のいろは

このサイトでは、重役会議や大切なお客様との会食、家族葬や法要などのときにも最適な高級弁当の基本情報についてご紹介しています。
価格帯としては2,500円から4,000円くらいの値段、メニューは厳選した食材を使い職人さんが丁寧に作り出すなどの特徴があります。
ここでは、2,000円と3,000円の値段にはどのような違いがあるのか、2,500円くらいのものを選べば大丈夫お客さんなど利用するときの満足感があるのか、このよう内容をご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search