高級弁当の2000円と3000円の主な違いは?

高級弁当の2000円と3000円の主な違いは?

高級弁当は、2,000円以上の仕出し弁当を指すといわれることがありますが、メニューを見ると2,000円の他にも3,000円の高級弁当もあり、その違いがどのようなことなのか気になる人も多いのではないでしょうか。老舗料理店では、冠婚葬祭やケータリング、接待や会議、MR向けなどさまざまなシーンで利用可能な高級感を与える入れ物を使った商品を提供しているところが多いようです。一般的に、和食は見た目の美しさから目で見て楽しむことができる料理である、このようにいわれることが多いですが高級弁当に位置づけされる2,000円から3,000円の商品は特別感・おもてなし感を演出するため四季折々の厳選した高級食材を盛り込んで演出が行われています。2,000円の商品の場合は、品数を多く盛り込めて重厚感・存在感を持つ容器を使っているのに対し、3,000になると二段重を使って非日常感や高級感を演出したものを使うなど、食材やメニューだけでなく容器そのものにも違いがあります。なお、高級弁当は飾りにもこだわり、人工的なものを使わずに天然の植物の葉などを使うのも特徴の一つです。

高級弁当は容器そのものも豪華さや高級感がある

高級弁当は高級仕出し弁当とも呼ばれていますが、仕出し弁当は注文を受けてから料理を作るなどの特徴があります。高級弁当は宅配弁当とは異なり、数日前から予約をしておかなければなりません。予約日当日に料理してそれを専用の容器に詰めて提供されます。値段が高いものになると重箱などが採用されていて、食べ終わった後はきれいに洗って保管しておけば再利用することもできます。一般的なお弁当の場合はプラスチック製の使い捨てタイプですが、高級弁当は飾りなども本物の植物の葉を使うなどのこだわりもありますので、お弁当の容器自体もお店の職人さんが厳選したものを使っている、入れ物そのものにも価値があるわけです。ちなみに、ラーメン店やお蕎麦屋さんなど店屋物を取ったとき、お皿などはきれいに洗ってから返すのがマナーですが、高級弁当の場合は入れ物も料理に含まれるものでもあり、それを購入した人が自由に使うことができるなどの特徴もあります。

会議弁当 東京に関する情報サイト
高級弁当のいろは

このサイトでは、重役会議や大切なお客様との会食、家族葬や法要などのときにも最適な高級弁当の基本情報についてご紹介しています。価格帯としては2,500円から4,000円くらいの値段、メニューは厳選した食材を使い職人さんが丁寧に作り出すなどの特徴があります。ここでは、2,000円と3,000円の値段にはどのような違いがあるのか、2,500円くらいのものを選べば大丈夫お客さんなど利用するときの満足感があるのか、このよう内容をご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search